ジェットスターを国内旅行に使用する際の注意点

LCCは手荷物検査が厳しい

あれもこれもと付けていくと、これもまた安さのメリットが薄くなってしまいますので、全部基本に設定しました。
ジェットスターを利用するうえで一番気を使ったのは、手荷物検査です。
日本国内の大手では制限について、ほとんど気にすることはありませんがLCCだと話が変わります。
手荷物検査が厳しいという話を聞いたり、搭乗時に引っかかれば前もってオプションを付けるよりも手数料を多くとられたりすることから、サイズや重さには特に注意を払いました。
ただ、実際には想定していた程の検査ではなかったため拍子抜けです。
Web上から予約したため、直接搭乗口での検査になったせいなのか、その場で実際に重さやサイズを測定されることはなかったです。
空港でチケットを購入した人は、その場でチェックする専用の場所が設けられ、規定内であれば専用のタグが付けられる仕組みになっています。
しかし、搭乗口に並んでいる人の多くはタグが付いていない人ばかりでした。
つまり、ほとんどがWebで予約を済ませた人たちです。
これは一人ずつ検査をしていては時間が足りないのでは、と思っていましたが目視でアバウトに審査している印象でした。
なかには規定内か怪しい人もいましたが、声を掛けられている様子もなかったです。
今回が特別緩かった可能性もありますが、基本的には見た目上に問題なければ心配する必要はないと言えるでしょう。

通常半額で乗れるLCCの安さLCCのデメリットはキャンセルによる払い戻しなしLCCは手荷物検査が厳しい

ジェットスタージェットスター予約